情報未来が選ばれる理由

  • 情報未来が選ばれる理由

~未来を拓く、可能性を高めよう~

本校は、「札幌ソフトウェア専門学校」として1970年の開校以来、一貫して情報処理技術者の養成に取り組んで参りました。企業との関係を常に意識し密にしてきた結果、現在でも多くの企業様から求人票を頂き、就職実績を積み上げてきました。卒業生は約7000名を輩出し社会の現場で活躍しています。

長所を発見。自分のことが“好き”になる

「自分の長所がわからない」履歴書を書く時期に決まってこういう話を聞きます。
情報未来では教職員全員がそれぞれの視点から多面的に学生一人一人の長所をみつけるお手伝いをします。

自分の長所を“発見“できた学生は、新たな自分との出会いで「自分が好きに」なっていきます。そして自分自身で新たな長所を見つけるようになります。

学校全体で一人一人の学生を見る「少人数制」だからこそ、個々の長所を伸ばすことができます。

積極性が身に付くことで、自分に“自信が持てる”

「高校生までは、学校祭などのイベントの時、消極的と言われたことしかしなかった。」

学校行事のレクレーションやスポーツ大会などのイベント活動では、先輩・後輩の垣根を越えて学生全員がかかわります。小さなことでも「やってみたら自分にもできた」ことに気づくチャンスがたくさんあります。この「やればできる」という実感は自分自身の可能性を目覚めさせる大事な感覚です。

この実感が勉強、資格取得、就職活動等へ挑戦する「積極性」を引き出します。

技術力・人間力が向上して“社会で活躍できる”

「学校で身に付けた技術力・人間力を活かして働きたい」
専門学校へ入学する学生の共通の考えだと思います。

情報未来では、仕事の現場で求められる技術力・人間力が身につけられるように平成26年度より職業実践専門課程を学校教育に組み込んでいます。

「産学連携」で本校と札幌市内のIT企業や一般産業企業が協力して社会で活躍できるITエンジニアになるように「技術力・人間力」の向上を実践しています。

情報未来で身に付けた技術力・実践力は在学中から社会で通用します。

資料請求はこちらから