IT技術者とは?

  • IT技術者とは?

「現在」から「未来」へ つなげるのは 情報通信

LineやFacebookなどのメッセージ交換ができるのも、情報通信があればこそ。
未来で使う技術を作るのは、やはり、人です。

あなたは、IT技術者の仕事をどんな風にイメージしますか?カッコイイ、難しそう、堅そう...。
本校の教員や技術者などに聞いたところ、IT技術者とはどんな存在かいろいろ出てきました。
人を助けるための仕事。困りごとを解決するヒーローになれる。最新のモノをさわるチャンスがたくさんある。まず仕事に飽きがこない。世界の変革を進める一人になれる。といった意見が出てきました。
現代社会では、IT技術者が必要とされています。本校でIT技術を学んで社会を動かせるIT技術者を目指してみませんか。

業種別上場企業数2位…
社会的地位の確立。
「人材への投資」
を意識した企業が多数

2014年5月現在、「業種別上場企業数」によると「情報・通信業」東証一部二部マザーズJASDAQの合計で337社と産業分類上2番目に多い企業数ということがわかります。
これは、情報サービス業の社会的地位が確立され、「人材への投資」をきちんとしていく心構えの会社が多いことの表れでもあるのです。

建学の精神
図1)東証・業種別上場企業数 東証・発表資料(2014年5月)より

IT企業の人材不足が深刻化

現在のIT企業は、グローバル展開や新ビジネスの進展、サービス志向などの多様化するニーズに対して付加価値の高い提案と対応を行うことが求められています。
しかし、図2のように80%以上(2014年度)の企業はエンジニアを確保できないといった状況にあります。社会を動かすIT技術者の不足は今後の社会活動へ大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

建学の精神
図2)IT企業のIT人材の「量」に対する過不足感(過去5年間の変化)
参考データ IPA IT人材白書2015

「未来」の社会・経済を
支えるIT技術

コンピュータの本格的な活用が始まって既に50年を経過しています。グラフに見るように、情報システムは社会・経済を支える必要不可欠なインフラとして時代の変化に柔軟に対応してきました。
その社会的使命と責任は今後ますます重大なものになっていくことがわかります。

建学の精神
図3)情報サービス業発展の過程
出典:経済産業省・特定サービス産業実態調査

あなたの目指す将来は!?

  • モバイルエンジニア

    モバイル機器のためのアプリケーションやコンテンツ、システムを開発する仕事です。屋外で使うことを念頭に優れた操作性のアプリケーションを開発する必要があります。また、モバイル機器と連動するシステム開発も業務に含まれることがあり、そのためサーバーやWebの知識も欠かせません。モバイル機器の普及で、新しいサービスが続々と生まれています。
    今後注目される分野の一つといえます。
  • ネットワークエンジニア

    ネットワークを設計し維持管理をする仕事。コンピューター間やネットワーク間を繋ぎ、異なるコンピューター同士のデータを正確にやりとりさせます。サーバーネットワーク機器の設定が重要で、障害が発生すると大問題になりかねない仕事です。サーバーエンジニア同様にセキュリティの知識も重要です。
  • プログラマ

    C言語やJavaなどのプログラム言語を駆使してソフトウェアを開発します。システムエンジニアがシステムの設計を行うのに対して、プログラマはその設計に基づきソースコードを書き具体化する作業を行います。テストを行い不具合を発見し、修正をするのも仕事のひとつ。
  • システムエンジニア(SE)

    システムの企画立案、設計、運用を行います。システムが円滑に稼働し、その目的を果たすよう技術面以外の業務も取り扱います。最近では、システムエンジニアがプログラミングを行うケースも多々あります。そのため、ソフトウェア工学をはじめとする、様々な分野の幅広い知識が求められます。
  • プロジェクトマネージャ

    システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクトの立案からメンバー、工程.、予算などの管理・運営を行います。システムエンジニアとしての技術や経験を高めていった上で任される職種で、お客様との相談や交渉なども担当するため、高いコミュニケーション能力も欠かせません。総合力を身につけて将来的に到達する大きな目標の一つといえます。
  • Webプログラマ

    仕様書に基づき、PHPやPerl、Javaなどの開発言語を使ってWebサイト上で稼働するアプリケーションの開発を行います。仕様書作成からWeb全体の管理を行うこともあります。またLinux、Apache、MySQL、PHP(略してLAMPと呼ばれる)が使えるプログラマのニーズが高まっています。
  • セキュリティアドミニストレーター

    情報化が進むと同時に生活全般やビジネス環境の効率化が進みましたが、ウイルスや不正アクセスなどの問題も増加の一途を辿っています。また、企業からの個人情報漏洩が深刻な問題となっています。これらの問題に対して、情報セキュリティの保全を行うのがセキュリティアドミニストレーターに課せられた役割です。
  • CGクリエイター

    CGクリエイターは映像や画像、Webデザインなどをコンピューターグラフィックを駆使して制作するのがメインの仕事となります。映像制作や画像制作の分野では、映画・アニメーション・ゲームなどに使用するCG制作を担当。また、Web上で使用されるCGなどのビジュアルを起こす仕事もあります。
  • サーバーエンジニア

    システムを構築しサーバーの運用を行う仕事。システム全体の設計やOS変更時の設定、メール等も含めたサーバー全体のセキュリティを考えます。WindowsやLinuxなどOSの知識とセキュリティに関する知識が必要です。サーバーの運用や保守は、さまざまな仕事の現場に大きな影響を及ぼすため、重要性の非常に高い職種といえます。
  • ゲームプログラマ

    ゲームプロデューサーの指示のもと、プランナー、シナリオライター、グラフィックデザイナーなどと分担してひとつのゲームを作ります。ゲームプログラマとして大切なことは、プログラムすることが大好きなことです。現在は、PC、携帯、スマホ、ネットゲームなど種類が豊富になり、自分が作りたいゲームを形にできるようになってきました。
  • Webクリエイター

    Webページを制作する人のことです。クライアントのニーズをヒアリングし、ニーズに沿ったWebデザイン制作を行います。そのため、プロのWebクリエイターはHTMLファイルのコーディングスキルと同時に、基本的なデザイン能力やコミュニケーション能力が必要です。また、Flashなどの動画制作も行います。
資料請求はこちらから