新着情報

  • 新着情報
  • 授業の成果を企業でプレゼンしました

授業の成果を企業でプレゼンしました

2017/07/21

夏休み前日に企業の技術者を前にして授業の成果をプレゼンしましたので報告します。
7月19日(水)札幌駅で待ち合わせ、北21条にある㈱ジャパンテクニカルソフトウエア
北海道本社を訪ねました。
㈱ジャパンテクニカルソフトウエア北海道本社(略称 ㈱JTS)は本校のグループ
企業です。(URL http://www.jtsnet.co.jp/)本校の卒業生も数多く働いています。

3年課程のITシステムエンジニア学科が職業実践専門課程として認定されて以来、学校の
授業を、より実務を学ぶ場にすべく第一線で働く技術者に担当していただいています。
今回は2年生の『システム改修』という授業の成果を発表して実務目線から評価して
いただきました。

今年3月の卒業生が作成した『MOVE』というWebシステムに入力エラーチェック処理を
追加しました。

1 『MOVE』起動画面

インターネットでおにぎりなど食料品を自宅で注文できるシステムです。

2 メールアドレスのエラー表示画面

「メールアドレス欄が空白」であったり、「再入力したメールアドレスと一致していない」ときはエラー表示されるように追加しました。

3 システムの全体像、プログラム内部についてプレゼン!

学校で何度も練習してきました。最初は緊張していましたが次第に堂々と発表していました。

4 企業の方からのアドバイス!

・「いじわるな視点」で複数の人がエラーチェックすることが大切
・一つのプログラムでたくさんの処理をしないように機能ごとに分割することが大切
などなど有益なご指摘をたくさんいただきました。
ありがとうございました。

5 学生の感想

・『最初はガチガチに緊張し汗だくでした。しかし、次第に慣れてきて平常心で発表することができましたので、次回はもっと上手に発表できると思います。』